TRIO ライフプランニング 歯科医サポート 保険関連辞典
ホーム企業情報お問い合わせ
生命保険の種類−主契約の種類−
定期保険
保険期間は一定で、その間に死亡した場合のみ死亡保険金が受け取れます。

満期保険金はありません。
保険金額が保険期間中一定で変わらない定額タイプが一般的ですが、保険料が一定で、契約後一定期間ごとに保険金額が減っていく逓減定期保険や、保険金額が増えていく逓増定期保険もあります。



►一覧へ戻る
収入保障保険
死亡したとき以後、契約時に定めた満期まで年金が受け取れます。

年金を受け取れる回数はいつ死亡するかによって変わります。
年金の受け取り回数には最低保証があります。満期までの年金受取回数が最低保証に満たない場合、最低保証分を受け取れます。



►一覧へ戻る
生存給付金付定期保険
保険期間中に死亡したときに死亡保険金が受け取れ、生存していれば一定期間が経過するごとに保険期間の途中で生存給付金が受け取れます。



►一覧へ戻る
養老保険
保険期間は一定で、その間に死亡したときには死亡保険金が、満期時に生存していたときには満期保険金が受け取れます。死亡保険金と満期保険金は同額です。



►一覧へ戻る
終身保険
定期保険と同様に死亡した場合のみ、死亡保険金が受け取れます。保険期間は定期保険と異なり一定ではなく、一生涯死亡保障が続きます。

満期保険金はありません。
保険料の払い込みが一定年齢または一定期間で満了する有期払込タイプと、一生涯払い続ける終身払込タイプがあります。
契約当初の一定期間の保険料を低く抑え、その分一定期間経過後の保険料を高くする「ステップ払込」タイプを取り扱う生命保険会社もあります。



►一覧へ戻る
特定疾病保障保険
ガン、急性心筋梗塞、脳卒中の3大成人病により所定の状態注)になったとき、生前に死亡保険金と同額の特定疾病保険金が受け取れます。特定疾病保険金を受け取った時点で、契約は消滅します。死亡したときは、死亡保険金が受け取れます。

保険期間が一定の定期型と一生涯の終身型があります。



►一覧へ戻る
医療保険
気やケガで入院したり、所定の手術を受けたときに、給付金が受け取れます。死亡したときは、死亡保険金が受け取れますが、金額は少額です。

一定の保険期間を定めた定期タイプと一生涯保障の終身タイプがあります。

►一覧へ戻る
▲ページトップへ